存在意義を示すため

TravisJapanとLove-tune、HiHiJETを掛け持つただのジャニヲタ

Travis Japanの兄組・弟組の括りについて

おはようございます。

今日はTravis Japanの兄組・弟組について書こうと思います。

 

そもそもTravisJapanとは?というかたについて少しだけ説明します。

TravisJapan(トラビス ジャパン)

結成年・・2012年

メンバー・・川島如恵留(かわしまのえる)

                 仲田拡輝(なかだひろき)

                 森田美勇人(もりたみゅうと)

                 七五三掛龍也(しめかけりゅうや)

                宮近海斗(みやちかかいと)

                 阿部顕嵐(あべあらん)

                 吉澤閑也(よしざわしずや)

                 中村海人(なかむらかいと)

                 梶山朝日(かじやまあさひ)

この9人は結成当初のメンバーです。

現メンバーは

川島如恵留

七五三掛龍也

宮近海斗

吉澤閑也

中村海人

梶山朝日   の6人です。

 

そして兄組・弟組というのが

兄組

  • 川島如恵留
  • 仲田拡輝
  • 七五三掛龍也
  • 森田美勇人

弟組

とこんな風に分かれていました。(現メンバーはでわかりやすいようにしています。)

と、ここで気がついた方もあると思いますが今兄組が如恵留とシメちゃんしかいないんです。

そしてこれは前回の記事にも関係してきますが、もうその縛りがだんだんなくなっているように感じます。(といってもそれはごく僅かに過ぎませんが。)

前回の記事で私はある歌詞の部分でTravisJapanが3対3に分かれる、と書きました。

事実上、兄組・弟組はあるもののその時に分かれたのは

如恵留・シメちゃん・閑也

宮近・朝日・うみんちゅ  でした。

元々年功序列でいくと、閑也も兄組に入るのですが入所が遅かったため弟組になったので私はこれからは閑也は兄組になるのかな?なんて呑気に考えています。

 

TravisJapanの兄組・弟組の括りはファンを時には喜ばせて、時には悲しくさせるものでした。しかし今の状況で兄組・弟組に分ける、となると話は違います。圧倒的に弟組の人数が多いから。

今の少クラではやっとTravisJapanとしてステージに立つことが出来て、長年トラジャ担をやっている身としてはとても嬉しいのですが、ちょっと前の少クラは兄組・弟組の圧倒的な差がありました。

さらに美勇人、顕嵐の出番が多かったりした時期もあったのでちょっとトラジャ担としては心が痛い期間もありましたが今はTravisJapanというグループで出られること。これがトラジャ担にとっては何より嬉しいことなのです。

 

今回も長くなってしまいましたが読んでいただきありがとうございました。